アメリカのアルカトラズ島への旅行について。

専門学校時代の卒業旅行にアメリカへ旅行に行ったのですが、
ロサンゼルス・サンフランシスコと行き、どこも日本と違って景色・文化・食事の違いもあって新しい発見があって良かったです。

その中でも帰国1日前に行ったアルカトラズ島へ行った事が一番思い出に残ってます。
アルカトラズ島はアメリカの離島の収容所であり、当時の囚人が収容されてた牢獄や収容所の生活の風景がそのまま残されており非常に楽しく島内を回りました。
入口で日本語翻訳のガイドの機械を渡されて、それが当時の囚人がアルカトラズ島から脱走しようとしたエピソードが流れていたので、
非常に楽しく聞きながら回れたので良かったです。

そのアルカトラズ島から脱獄しようとした囚人のエピソードは映画の題材にもなっていて非常に有名なエピソードなんだなと帰国後分かって、
そんなアルカトラズ島に行って島の中を回る事が出来たのは自分の人生の中で良い思い出になって良かったです。
お土産は囚人を見張っていた警備の人がつけていた?バッジなどを購入して帰りました。
中には囚人が食事に使っていた金属のスプーンやコップなどもあって面白かったです。