人数が少ないほうが、意外とやる気が出て楽しいです

人数が足りていない時の仕事ほど、頑張らないと!と思いみんなで協力して乗り切ろうと奮闘するものです。
クリスマスの時のケーキ販売では、一刻も早く売り切ってみんなで早く帰ろうと頑張りました。

寒い中、ケーキの箱をたくさん積んで声を張り上げて売ります。
朝から夕方までたちっぱなしです。休憩もほとんどありませんでした。
でも文句なんて言う時間ももったいなくて、みんなで手分けをしてせっせと働きました。

働いているのはバイトばかり。でもそれでもいいんです。
早く終わらして、自分達のクリスマスを楽しみたい!その思いで楽しく働きました。
忙しい時ほど時間がたつのは早くて、最後の一つになったときにはもうすぐ帰れると誰しもが思いました。

でも最後の一つって、買う人は戸惑います。そんなこんなで最後の一つを売るのに1時間以上待ちました。
でもその日はみんなテンションも高く、とても充実した楽しい一日になりました。
接客のお仕事は楽しくて、大好きです。